カードローンの審査に落ちる原因の1つ

カードローンを利用するときに受ける審査ではいろいろな点がチェックされて、お金を借りられるか?どうかが決まりますが、そのとき審査に落ちてしまうことがどうしてもあります。
それは自体はそんなに不思議ではないのですが、審査に落ちる原因というのは実はいろいろとあって、中には総量規制の問題があります。

総量規制というのは年収と比較したときの借り入れ金額が上限を超えてしまったときに関係してくる問題で、そういった人はそれ以上の借り入れができません。
だから、カードローンを利用するときにはこの総量規制については常に頭の中に入れておかないといけないのですが、それを忘れているとそれが理由が審査に落ちることがあるのです。

審査に落ちた場合、その理由を教えてもらえることはほぼない

そして、問題なのはカードローンの審査に落ちたときにはその理由を教えてもらえることはほぼないということです。
つまり、仮に総量規制が理由で審査に通らなかったとしても、それが原因であることはなかなか分からないという可能性が高いのです。
そうなると、多くの人は審査に落ちた原因として総量規制の可能性をあまり考えないのではないか?と思うのです。

ほとんどの場合、年収が少ないとか、安定性がないとか、他社から多く借りているとか、そういった代表的な審査に通らない理由を考えてしまって、なかなか総量規制という部分に対して考えがめぐらせられないということがある気がします。
でも、中には総量規制の上限を超えてしまっているという理由でカードローンの審査に通らない人がいると思うので、そういった人がいたとして、問題はそれを原因としてちゃんと考えられるか?という部分になります。

総量規制が原因なのに、他の原因を探ってもあまり意味がないということで、カードローンを利用するときに仮に審査に落ちたとしても、そのときには総量規制は大丈夫か?という点はちゃんと全員が確認して、そのうえで問題ないと考えられる場合に別の原因を探ることをおすすめします。

迅速に借りるには会社選びが重要

ここまで紹介してきたような総量規制に注目して、無理のない金額で申し込む事はもちろん大事ですが、急ぎでの融資を希望している場合は、審査が早い、もしくは通りやすい会社を選ぶ事も欠かせません。人気の高い消費者金融と銀行カードローンを紹介する消費者金融売上ランキングのサイトでは審査時間や、それぞれの会社のサービスの特徴などを見比べることができますので、自分に最適な会社はどこなのかを調べたい方はご覧頂くと良いでしょう。

基本的には審査スピードにおいては銀行カードローンよりも消費者金融系の会社の方が早い傾向にあります。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

最近のコメント

    カテゴリー

    このページの先頭へ